イヤリングのお手入れ


ファッション
  アクセサリー
★ イヤリング
選び方 / お手入れ
★ ピアス
選び方 / お手入れ
★ ネックレス
選び方 / お手入れ
★ ペンダント
選び方 / お手入れ
★ ファッションリング
選び方 / お手入れ
★ ブレスレット
選び方 / お手入れ
★ ブローチ
選び方 / お手入れ
シルバーアクセの
  お手入れ

 イヤリングのお手入れ


 イヤリングはネックレスなどとは違って、汗や脂、化粧品などによる汚れはつきにくいのですが、それでも汚れは避けられません。
 この汚れをそのままにしておくと、やはり痛んできますし、天然石を使っているようなイヤリングですと、その輝きも冴えなくなってきます。

 ですから、イヤリングも着けた後は必ずシリコンクロスのような柔らかい布でよく拭いてから、専用の容器などに しまうようにします。
 これだけの手入れでもイヤリングの傷みはかなり防げます。

 また、面倒ですが、専用の容器などもイヤリングひとつひとつに対して用意するように心がけましょう。
 こうしておけば小さなイヤリングもなくさずにすみますし、細部のデザインなども傷つけなくてすみます。それに、探す時にも随分と便利です。



 それと、留め具などに緩みや曲がりがないも確かめるようにします。
 留め具に緩みなどがあれば、つけているうちに落としたりしてしまうことがあるので、自分で治せないようなら専門店に相談するようにします。

 ところで、イヤリングでもゴールドを使っているものがありますが、この場合も使った後は柔らかい布で汚れをふき取るようにします。
 この簡単なお手入れを習慣付けていれば、輝きを失うことはまずありません。
 しかし、あまり使わない場合は、空気に触れないように密閉された容器に保管するなどするようにしてください。
 それでも、何年も使わずにいると酸化して赤っぽくなったりすることがあるので、そのような場合は専門店などに相談するようにします。